ダイエットの食事で気を付けること

ダイエットについて少しまとめます。

まず、必要なのは「たんぱく質」です。
ダイエットというと、なにかと食べない話が多いのですが、必要な栄養を摂取するという話がなさすぎます。
人間必要な栄養を取るために食べないとダメです。

たんぱく質がないと、筋肉が落ちます。
筋肉が落ちれば基礎代謝が落ちるので、痩せにくくなります。
そして、基礎代謝が落ちるので、食事をもとに戻すとリバウンドしやすくなり、下手をすると前よりも体重増える可能性もあります。
筋肉がなくなればスタイルも悪くなるので、なんのためのダイエットなのかもわかりません。

では、どれくらいたんぱく質を摂取すればいいのか?
大まかな目安としては「自分の標準体重×1g」です。
目標の体重というよりも、自分の標準体重に合わせた方が健康上もダイエット上もいいと思います。
標準体重はBMIとかで調べましょう。

たんぱく質がどれくらい含まれているのか?
食品にもよるので正確なことは言えませんが、例えばの目安として、肉・魚100g=15~20g、卵1個6g、納豆1パック6gなどです。
当然ですが、食品によりさまざまなので自分が普段食べているものについて調べてみるといいと思います。

ダイエットするときは、単に食べる量を減らすのではなく、自分に必要な栄養の量を踏まえた食生活に改善することが一番です。